一人暮らしの単身引越しでは単身パックの利用をまず検討しましょう

単身での引越しには、単身パックと呼ばれるサービスを多くの業者が取り扱っています。

teatime (99)

これは一人暮らしの方に見合ったサービスとなっていますので、利用されるとよろしいと思います。プランはさまざまですが、冷蔵庫や洗濯機、家電製品、布団などを運んでもらうならば、距離にもよりますが、2万円以下の費用で抑えることも可能です。作業につきましては、まずはご自身で小物類の箱詰めをし、大きな家具や電化製品などは、当日に引越し業者が対応します。対応してもらえる時間帯も複数の選択肢がありますので、とても便利で安い費用で済みます。

 

また、業者にもよりますが、パソコンやスマホなどから、申し込みをしますと、2000円程度の割引制度もあります。引越しの対応は基本的には二人で対応します。ご自身で対応する必要はありませんので、安心して作業を任せることができます。また、転勤などで開梱する時間がないような方は、オプションサービスとして、開梱の作業などをお願いすることもできます。単身での引越しでは、余分な時間をかけたくないものです。

 

 

すぐに新居で生活ができるような状態にしてもらうことが最も必要なことだと思います。少し話しはそれますが、いかに近い距離の引越しでも、2人の作業員とトラックの燃料代、そして作業時間を考えますと、2万円以下で対応して、引越し業者としての儲けがあるのか?と思ってしまいます。薄利で対応しているので、いかに多くの引越しを請負うかが大切なことがわかりますね。

 

 

ワンルームパックとは

単身での引越しの場合には、ワンルームパックというサービスもあります(日本通運のサービス名称)。

teatime (8)

日通のワンルームパックの場合には、近距離(30km以内)で、引越し対応時間が限られているサービスです。基本的には2トン車を前提としていますので、荷量が多いような場合には、対応してもらえないこともあります。エリアにより料金は異なりますが、平日ならば3万円以内で対応してもらうことも可能です。

 

しかし、気をつけなければならないのは、荷物の量が一定の基準を超えてしまいますと別料金が発生してしまいますし、最悪、積めない荷物を放置されてしまう可能性もあるということです。また、当然、大きな家具や電化製品を除き、ご自身で梱包をしなければなりません。万が一、小物の梱包が出来ていない場合には、引越し対応を断られることもあります。

 

そして、このサービスでは、ガムテープや、ハンガーボックス、布団袋、ダンボール10枚程度を無料で提供してくれます。また、単身での引越しですので、荷量の把握もしやすいので、インターネットで部屋の大きさと荷量を入力するだけで、簡単に見積もりをとることが可能です。そして、業者によっては、何度でも利用できるトランクなどもありますので、梱包資材を抑えることもできます。この資材を利用するだけで、作業時間を短縮することができますので、作業員の対応時間も短くて済むのです。引越しの距離と荷量をしっかり伝えて、最も安い引越し業者を見つけることが大切です。

 

割引単身パックとは?

割引単身パックは、単身パックとワンルームパックを筆頭にした、単身者の引越しサービスの総称です。

teatime (4)

単身がゆえに、引越し料金を安くすることができるのです。割引単身パックを選ぶ際のポイントは、まずは、複数の引越し業者に見積もり依頼をすることと、できれば平日に引越しをすること、そして、価格交渉を必ずすることと荷物を少なくすることが大切なことです。もっとも引越し料金を安くする方法が、複数社から見積もりを入手することです。

 

これにより自ずと引越し業者が競争をしてくれますので、有利な料金を引き出すことができます。この際に利用するのが引越し一括見積もりサイトです。インターネットで必要な項目を入力すれば、複数の会社から自動的に見積もりが届くのです。

 

 

その見積もりを武器にして、複数の会社と交渉をするのです。割引単身パックが安くなる理由は、専用のBOXを利用して、混載をするからです。利用される方は、単身での引越しで荷量が少ない人や、一人暮らしを新たにする方などです。サービス内容は引越し業者により異なります。大手のクロネコヤマトや日通では価格の目安を表示していますが、他の業者では料金を公表しておらず、見積もりをすることで料金が決定されます。

 

ですから、複数の引越し業者に対して見積もり依頼をすることが大切なのです。単身赴任のような場合には、引越し業者を検討する時間も少ないかもしれませんが、少しでも単身引越し費用を安くするために、一括引越し 単身 見積もりサイトを効率的に利用するようにしましょう。